信濃村教会のブログ

長野県の北端、信濃町にあるキリスト教の教会。信濃村教会の日々の様子

HOME プロフィール

信濃村教会

Author:信濃村教会
信越五岳(飯綱、戸隠、黒姫 、妙高、斑尾)に囲まれた信濃町にあるキリスト教会です。

牧師:稲垣真実
信濃村教会HPへリンク

※当教会は、福音主義プロテスタント教会で、日本基督教団に所属しています。
統一協会(統一原理)、エホバの証人(ものみの塔)、末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教)とは一切関係がありません。



最新記事 集会案内
【主日礼拝】
 毎週日曜日 午前10時30分
【こどもの教会】
 毎月 第2土曜 午後2時
【婦人会】
 毎月1回日曜日 午後
【聖研祈祷会】
 第1・3・5水曜日
 午前10時30分
【家庭集会】 不 定

※集会は日程が変動することがあります。月間予定の記事などでご確認ください。
カテゴリ リンク 長野県の天気
検索フォーム
2017年08月の記事

9月3日 主日礼拝

【次週予告】9/3聖霊降臨節第14主日礼拝
 説 教 「杖一本」  稲垣真実牧師
 聖 書 マルコ福音書6:6b-13

 それから、イエスは付近の村を巡り歩いてお教えになった。そして、十二人を呼び寄せ、二人ずつ組にして遣わすことにされた。その際、汚れた霊に対する権能を授け、旅には杖一本のほか何も持たず、パンも、袋も、また帯の中に金も持たず、ただ履物は履くように、そして「下着は二枚着てはならない」と命じられた。また、こうも言われた。「どこでも、ある家に入ったら、その土地から旅立つときまで、その家にとどまりなさい。しかし、あなたがたを迎え入れず、あなたがたに耳を傾けようともしない所があったら、そこを出ていくとき、彼らへの証しとして足の裏の埃を払い落としなさい。」十二人は出かけて行って、悔い改めさせるために宣教した。そして、多くの悪霊を追い出し、油を塗って多くの病人をいやした。
 賛 美 7・149・453・516・79・26
 聖餐式
 交読詩篇27:7-14

・祈祷会予定(午前10時半~正午頃)
 9月:6日(水)、20日(水)
次回は「ホセア書11章~」を学ぶ予定です。

・次回の婦人会例会
 9月10日(日) 礼拝後
 聖書研究:マタイ福音書5:33-37

・次回のこどもの教会
 9月16日(土) 午前10時頃から
 野尻湖畔でBBQ(※雨天中止)

スポンサーサイト

8月27日 主日礼拝

【次週予告】8/27聖霊降臨節第13主日礼拝
 説 教 「故郷にて」  稲垣真実牧師
 聖 書 マルコ福音書6:1-6a

 イエスはそこを去って故郷にお帰りになったが、弟子たちも従った。安息日になったので、イエスは会堂で教え始められた。多くの人々はそれを聞いて、驚いて言った。「この人は、このようなことをどこから得たのだろう。この人が授かった知恵と、その手で行われるこのような奇跡はいったい何か。この人は、大工ではないか。マリアの息子で、ヤコブ、ヨセ、ユダ、シモンの兄弟ではないか。姉妹たちは、ここで我々と一緒に住んでいるではないか。」このように、人々はイエスにつまずいた。イエスは、「預言者が敬われないのは、自分の故郷、親戚や家族の間だけである」と言われた。そこでは、ごくわずかの病人に手を置いていやされただけで、そのほかは何も奇跡を行うことがおできにならなかった。そして、人々の不信仰に驚かれた。
 賛 美 202・355・442・522・24
 交読詩篇57:1-6

・祈祷会予定(午前10時半~正午頃)
 8月:30日(水)
 9月:6日(水)、20日(水)
次回は「ホセア書10章~」を学ぶ予定です。

・次回の婦人会例会
 9月10日(日) 礼拝後
 聖書研究:未定

・次回のこどもの教会
 9月16日(土) 午前10時頃から
 野尻湖畔でBBQ(※雨天中止)

・夏の夕べのコンサート
8月27日(日)に九州北部豪雨被災地支援のためのチャリティコンサートが当教会礼拝堂を会場にして開催されます。

↓詳しくは画像をクリック
コンサートチラシ表
↓出演者プロフィール
コンサートチラシ裏

8月20日 主日礼拝

【次週予告】8/20聖霊降臨節第12主日礼拝

 説 教 「神を思う」
           稲垣真実牧師
 聖 書 ヨハネの手紙Ⅰ 4:7-21

 愛する者たち、互いに愛し合いましょう。愛は神から出るもので、愛する者は皆、神から生まれ、神を知っているからです。愛することのない者は神を知りません。神は愛だからです。神は、独り子を世にお遣わしになりました。その方によって、わたしたちが生きるようになるためです。ここに、神の愛がわたしたちの内に示されました。わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して、わたしたちの罪を償ういけにえとして、御子をお遣わしになりました。ここに愛があります。愛する者たち、神がこのようにわたしたちを愛されたのですから、わたしたちも互いに愛し合うべきです。いまだかつて神を見た者はいません。わたしたちが互いに愛し合うならば、神はわたしたちの内にとどまってくださり、神の愛がわたしたちの内で全うされているのです。神はわたしたちに、御自分の霊を分け与えてくださいました。このことから、わたしたちが神の内にとどまり、神もわたしたちの内にとどまってくださることが分かります。わたしたちはまた、御父が御子を世の救い主として遣わされたことを見、またそのことを証ししています。イエスが神の子であることを公に言い表す人はだれでも、神がその人の内にとどまってくださり、その人も神の内にとどまります。わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。愛にとどまる人は、神の内にとどまり、神もその人の内にとどまってくださいます。こうして、愛がわたしたちの内に全うされているので、裁きの日に確信を持つことができます。この世でわたしたちも、イエスのようであるからです。愛には恐れがない。完全な愛は恐れを締め出します。なぜなら、恐れは罰を伴い、恐れる者には愛が全うされていないからです。わたしたちが愛するのは、神がまずわたしたちを愛してくださったからです。「神を愛している」と言いながら兄弟を憎む者がいれば、それは偽り者です。目に見える兄弟を愛さない者は、目に見えない神を愛することができません。 神を愛する人は、兄弟をも愛すべきです。これが、神から受けた掟です。
 賛 美 18・226・452・483・29
 交読詩篇:-

・祈祷会予定(午前10時半~正午頃)
 8月:16日(水)、30日(水)
次回は「ホセア書10章~」を学ぶ予定です。

・次回の婦人会例会
 9月10日(日) 礼拝後
 聖書研究:未定

・次回のこどもの教会
  9月16日(土) 午前10時頃から
 野尻湖畔でBBQ(※雨天中止)

・夏の夕べのコンサート
8月27日(日)に九州北部豪雨被災地支援のためのチャリティコンサートが当教会礼拝堂を会場にして開催されます。

↓詳しくは画像をクリック
コンサートチラシ表
↓出演者プロフィール
コンサートチラシ裏

8月13日 主日礼拝

【次週予告】8/13聖霊降臨節第11主日礼拝
 説 教 「友よ」  稲垣真実牧師
 聖 書 マタイによる福音書20:1-16

 「天の国は次のようにたとえられる。ある家の主人が、ぶどう園で働く労働者を雇うために、夜明けに出かけて行った。主人は、一日につき一デナリオンの約束で、労働者をぶどう園に送った。また、九時ごろ行ってみると、何もしないで広場に立っている人々がいたので、『あなたたちもぶどう園に行きなさい。ふさわしい賃金を払ってやろう』と言った。それで、その人たちは出かけて行った。主人は、十二時ごろと三時ごろにまた出て行き、同じようにした。五時ごろにも行ってみると、ほかの人々が立っていたので、『なぜ、何もしないで一日中ここに立っているのか』と尋ねると、彼らは、『だれも雇ってくれないのです』と言った。主人は彼らに、『あなたたちもぶどう園に行きなさい』と言った。夕方になって、ぶどう園の主人は監督に、『労働者たちを呼んで、最後に来た者から始めて、最初に来た者まで順に賃金を払ってやりなさい』と言った。そこで、五時ごろに雇われた人たちが来て、一デナリオンずつ受け取った。最初に雇われた人たちが来て、もっと多くもらえるだろうと思っていた。しかし、彼らも一デナリオンずつであった。それで、受け取ると、主人に不平を言った。『最後に来たこの連中は、一時間しか働きませんでした。まる一日、暑い中を辛抱して働いたわたしたちと、この連中とを同じ扱いにするとは。』 主人はその一人に答えた。『友よ、あなたに不当なことはしていない。あなたはわたしと一デナリオンの約束をしたではないか。自分の分を受け取って帰りなさい。わたしはこの最後の者にも、あなたと同じように支払ってやりたいのだ。自分のものを自分のしたいようにしては、いけないか。それとも、わたしの気前のよさをねたむのか。』 このように、後にいる者が先になり、先にいる者が後になる。」
 賛 美 11・120・441・493・28
 交読詩篇67:1-8
 礼拝後:役員会


・祈祷会予定(午前10時半~正午頃)
 8月:16日(水)、30日(水)
次回は「ホセア書10章~」を学ぶ予定です。

・次回のこどもの教会
 8月はお休みです。9月は日程調整中。


・夏の夕べのコンサート
8月27日(日)に九州北部豪雨被災地支援のためのチャリティコンサートが当教会礼拝堂を会場にして開催されます。
↓詳しくは画像をクリック
コンサートチラシ表
↓出演者プロフィール
コンサートチラシ裏

8月6日 主日礼拝

【次週予告】8/6聖霊降臨節第10主日礼拝
夏期特別礼拝
 説 教 「希望を見出す人生を」  荒井章三先生
 聖 書 コリントの信徒への手紙Ⅰ13:13

それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。
      ヘブライ人への手紙11:1
信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。
 賛 美 208・361・8・482・26
 交読詩篇133:1-3
 礼拝後:教会バザー

・祈祷会予定(午前10時半~正午頃)
 8月:2日(水)、16日(水)、30日(水)
 次回は「ホセア書9章~」を学ぶ予定です。


・夏期特別礼拝と教会バザー
8月6日(日)の礼拝は夏期特別礼拝です。
説教者:荒井章三先生
    (神戸松蔭女子学院大学名誉教授)
説教:「希望を見出す人生を」
   (コヘレトの言葉7章29節)
また、礼拝後には教会バザーを催します。

・夏の夕べのコンサート
8月27日(日)に九州北部豪雨被災地支援のためのチャリティコンサートが当教会礼拝堂を会場にして開催されます。

↓詳しくは画像をクリック
コンサートチラシ表
↓出演者プロフィール
コンサートチラシ裏




信濃村教会のホームページへ



このブログに引用される聖書は、『聖書 新共同訳』であり、その著作権は以下に帰属します。
(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of TheCommon Bible Translation,
(c)財団法人 日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1987,1988