信濃村教会のブログ

長野県の北端、信濃町にあるキリスト教の教会。信濃村教会の日々の様子

HOME プロフィール

信濃村教会

Author:信濃村教会
信越五岳(飯綱、戸隠、黒姫 、妙高、斑尾)に囲まれた信濃町にあるキリスト教会です。

牧師:稲垣真実
信濃村教会HPへリンク

※当教会は、福音主義プロテスタント教会で、日本基督教団に所属しています。
統一協会(統一原理)、エホバの証人(ものみの塔)、末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教)とは一切関係がありません。



最新記事 集会案内
【主日礼拝】
 毎週日曜日 午前10時30分
【こどもの教会】
 毎月 第2土曜 午後2時
【婦人会】
 毎月1回日曜日 午後
【聖研祈祷会】
 第1・3・5水曜日
 午前10時30分
【家庭集会】 不 定

※集会は日程が変動することがあります。月間予定の記事などでご確認ください。
カテゴリ リンク 長野県の天気
検索フォーム
2016年07月の記事

7月31日 主日礼拝

【次週予告】7/31 聖霊降臨節第12主日礼拝
 説 教 「失ってみないと分からないもの」 小林進牧師
 聖 書 コヘレトの言葉3:1-8

何事にも時があり
天の下の出来事にはすべて定められた時がある。
生まれる時、死ぬ時
植える時、植えたものを抜く時
殺す時、癒す時
破壊する時、建てる時
泣く時、笑う時
嘆く時、踊る時
石を放つ時、石を集める時
抱擁の時、抱擁を遠ざける時
求める時、失う時
保つ時、放つ時
裂く時、縫う時
黙する時、語る時
愛する時、憎む時
戦いの時、平和の時。
 賛 美 6・81・Ⅰ-510・Ⅰ-380・29
 交読詩篇133篇 

・次回の聖書研究祈祷会
 「哀歌④」
 8月3日(水) 午前10時半~

・次回の子どもの教会
 8月の子どもの教会はお休みです。

・夏期特別礼拝と教会バザー
8月7日(日)の礼拝は夏期特別礼拝です。
説教者:ペテロ 吉村庄司 牧師
    (日本聖公会東京教区司祭)
また、礼拝後には教会バザーを催します。
スポンサーサイト

7月24日 主日礼拝

・聖書研究祈祷会
 「哀歌③」
 7月20日(水) 午前10時半~

【次週予告】7/24 聖霊降臨節第11主日礼拝
 説 教 「良き羊飼い」
           稲垣真実牧師
 聖 書 ヨハネによる福音書10:7-18
イエスはまた言われた。「はっきり言っておく。わたしは羊の門である。わたしより前に来た者は皆、盗人であり、強盗である。しかし、羊は彼らの言うことを聞かなかった。わたしは門である。わたしを通って入る者は救われる。その人は、門を出入りして牧草を見つける。盗人が来るのは、盗んだり、屠ったり、滅ぼしたりするためにほかならない。わたしが来たのは、羊が命を受けるため、しかも豊かに受けるためである。わたしは良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる。羊飼いでなく、自分の羊を持たない雇い人は、狼が来るのを見ると、羊を置き去りにして逃げる。――狼は羊を奪い、また追い散らす。――彼は雇い人で、羊のことを心にかけていないからである。わたしは良い羊飼いである。わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている。それは、父がわたしを知っておられ、わたしが父を知っているのと同じである。わたしは羊のために命を捨てる。わたしには、この囲いに入っていないほかの羊もいる。その羊をも導かなければならない。その羊もわたしの声を聞き分ける。こうして、羊は一人の羊飼いに導かれ、一つの群れになる。わたしは命を、再び受けるために、捨てる。それゆえ、父はわたしを愛してくださる。だれもわたしから命を奪い取ることはできない。わたしは自分でそれを捨てる。わたしは命を捨てることもでき、それを再び受けることもできる。これは、わたしが父から受けた掟である。」
 賛 美 11・120・98・461・27
 交読詩篇51篇12-21

・次回の子どもの教会
 8月の子どもの教会はお休みです。

・7月31日(日)の礼拝のについて
小林進牧師に礼拝説教をしていただきます。

・夏期特別礼拝と教会バザー
8月7日(日)の礼拝は夏期特別礼拝です。
説教者:ペテロ 吉村庄司
    (日本聖公会東京教区司祭)
また、礼拝後には教会バザーを催します。

7月17日 主日礼拝

7/17 聖霊降臨節第10主日礼拝
 説 教 「主イエスと共に」  稲垣真実牧師
 聖 書 ヨハネ福音書17:20-26

 また、彼らのためだけでなく、彼らの言葉によってわたしを信じる人々のためにも、お願いします。父よ、あなたがわたしの内におられ、わたしがあなたの内にいるように、すべての人を一つにしてください。彼らもわたしたちの内にいるようにしてください。そうすれば、世は、あなたがわたしをお遣わしになったことを、信じるようになります。 あなたがくださった栄光を、わたしは彼らに与えました。わたしたちが一つであるように、彼らも一つになるためです。 わたしが彼らの内におり、あなたがわたしの内におられるのは、彼らが完全に一つになるためです。こうして、あなたがわたしをお遣わしになったこと、また、わたしを愛しておられたように、彼らをも愛しておられたことを、世が知るようになります。父よ、わたしに与えてくださった人々を、わたしのいる所に、共におらせてください。それは、天地創造の前からわたしを愛して、与えてくださったわたしの栄光を、彼らに見せるためです。正しい父よ、世はあなたを知りませんが、わたしはあなたを知っており、この人々はあなたがわたしを遣わされたことを知っています。わたしは御名を彼らに知らせました。また、これからも知らせます。わたしに対するあなたの愛が彼らの内にあり、わたしも彼らの内にいるようになるためです。」
 賛 美 208・361・51・459・24
 交読詩篇51篇1-11
 礼拝後:婦人会(お茶の会後)
 「マタイによる福音書20章1節~16節」
 ※教会婦人会連合の方からのインタビューがあります。

・次回の聖書研究祈祷会
 「哀歌③」
 7月20日(水) 午前10時半~

・次回の子どもの教会
 8月の子どもの教会はお休みです。

・7月31日(日)の礼拝のについて
小林進牧師に礼拝説教をしていただきます。

・夏期特別礼拝と教会バザー
8月7日(日)の礼拝は夏期特別礼拝です。
説教者:ペテロ 吉村庄司
    (日本聖公会東京教区司祭)
また、礼拝後には教会バザーを催します。

7月10日 主日礼拝

7/10 聖霊降臨節第9主日礼拝
 説 教 「喜びが満ちあふれる」  稲垣真実牧師
 聖 書 ヨハネ福音書17:6-19

 世から選び出してわたしに与えてくださった人々に、わたしは御名を現しました。彼らはあなたのものでしたが、あなたはわたしに与えてくださいました。彼らは、御言葉を守りました。 わたしに与えてくださったものはみな、あなたからのものであることを、今、彼らは知っています。なぜなら、わたしはあなたから受けた言葉を彼らに伝え、彼らはそれを受け入れて、わたしがみもとから出て来たことを本当に知り、あなたがわたしをお遣わしになったことを信じたからです。彼らのためにお願いします。世のためではなく、わたしに与えてくださった人々のためにお願いします。彼らはあなたのものだからです。わたしのものはすべてあなたのもの、あなたのものはわたしのものです。わたしは彼らによって栄光を受けました。わたしは、もはや世にはいません。彼らは世に残りますが、わたしはみもとに参ります。聖なる父よ、わたしに与えてくださった御名によって彼らを守ってください。わたしたちのように、彼らも一つとなるためです。わたしは彼らと一緒にいる間、あなたが与えてくださった御名によって彼らを守りました。わたしが保護したので、滅びの子のほかは、だれも滅びませんでした。聖書が実現するためです。しかし、今、わたしはみもとに参ります。世にいる間に、これらのことを語るのは、わたしの喜びが彼らの内に満ちあふれるようになるためです。わたしは彼らに御言葉を伝えましたが、世は彼らを憎みました。わたしが世に属していないように、彼らも世に属していないからです。わたしがお願いするのは、彼らを世から取り去ることではなく、悪い者から守ってくださることです。わたしが世に属していないように、彼らも世に属していないのです。真理によって、彼らを聖なる者としてください。あなたの御言葉は真理です。わたしを世にお遣わしになったように、わたしも彼らを世に遣わしました。彼らのために、わたしは自分自身をささげます。彼らも、真理によってささげられた者となるためです。
 賛 美 16・152・452・531・28
 交読詩篇50篇1-7

・次回の婦人会
 7月17日(日) 午後(お茶の会後)
「マタイによる福音書20章1節~16節」
※教会婦人会連合の方からのインタビューがあります。

・次回の子どもの教会
 8月の子どもの教会はお休みです。

・夏期特別礼拝と教会バザー
 8月7日(日)の礼拝は夏期特別礼拝です。説教者:吉村庄司牧師(聖公会引退牧師)
また、礼拝後には教会バザーを催します。

7月3日 主日礼拝

7/3 聖霊降臨節第8主日礼拝
 説 教 「大祭司の祈り」  稲垣真実牧師
 聖 書 ヨハネ福音書17:1-5

 イエスはこれらのことを話してから、天を仰いで言われた。「父よ、時が来ました。あなたの子があなたの栄光を現すようになるために、子に栄光を与えてください。あなたは子にすべての人を支配する権能をお与えになりました。そのために、子はあなたからゆだねられた人すべてに、永遠の命を与えることができるのです。永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです。わたしは、行うようにとあなたが与えてくださった業を成し遂げて、地上であなたの栄光を現しました。父よ、今、御前でわたしに栄光を与えてください。世界が造られる前に、わたしがみもとで持っていたあの栄光を。
 賛 美 8・151・58・521・79・26
 聖餐式
 交読詩篇49篇14-21
 ※7月の役員会は7月10日(日)です。

・次回の婦人会
 7月17日(日) 午後(お茶の会後)
「マタイによる福音書20章1節~16節」

信濃村教会のホームページへ



このブログに引用される聖書は、『聖書 新共同訳』であり、その著作権は以下に帰属します。
(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of TheCommon Bible Translation,
(c)財団法人 日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1987,1988